【骨盤矯正】

と、その仙骨の左右に接する腸骨との関節『仙腸関節』で、その仙腸関節で問題があると骨盤に歪みが生じる場合がございます。体の土台の骨盤に傾きや捻じれ等の歪みが生じると、不安定なり体全体のバランスが崩れます。体のバランスが崩れることにより、骨盤以外の首や肩、腰、膝など様々な部位にも負担が掛かり、体のバランスの悪さが原因で様々な不快な症状を誘発してしまいます。骨盤矯正ではその根本となっている仙腸関節を矯正し正常な状態に戻します。
カイロプラクティックでは骨盤の歪み方を、独自の考えで指標しております。それは仙骨に接している腸骨部にある、下後腸骨棘(Anterior Superior iliac spine)の位置や腸骨稜と坐骨の高さで指標します。そして患者の頭部方向を上方、下肢方向を下方、腹部方向を前方、背部方向を後方とし、下後腸骨棘の位置で骨盤の状態を施術前に把握いたします。その方法として、視診、触診、仙腸関節の動きで判断しますが、仙腸関節の動きが重要で、視診、触診のみだと筋緊張により骨盤が歪んで見えているだけの場合があり、(その場合は筋緊張を緩めれば戻るのですが)骨盤に問題があると仙腸関節の動きが制限されるため、正確に把握するため仙腸関節の動きを施術者の手で確認いたします。例えば右側の下後腸骨棘が、正常な位置ではなく後下方に位置している場合は、右後下方変位(R/Posterior Inferior)となり、右腸骨が前上方向への動きがロックします。他にも骨盤では仙骨の回転変位や坐骨の後方変位、腸骨の内方外方変位(正中仙骨稜方向を内部方向、その逆を外部方向)もあり、カイロプラクティックでは必ず施術を行う前に、正常な状態に戻すため患者様の状態を正確に把握します。そして矯正は正しい方向へ適切な圧で行います。
骨盤矯正の施術方法は様々ですが、主にドロップテーブル(施術部位が落下するベッド)、骨盤ブロック(三角形のブロック)、手のみで行う(圧)方法があり、最良な結果が出るように、患者様のお体の状態に合わせ施術方法を選択し行います。