【産後の腰痛】

出産時に骨盤の関節『仙腸関節』の問題により、仙腸関節部にお痛みが出ることがあります。仙腸関節を固定する骨盤ベルトを使用することで、安定、痛みを軽減させることができる場合もございますが、出産前の体のバランスも影響していると考えております。妊娠時は今までとは違う体型、生活スタイルになります。動きの制限により筋力の低下になり、体のバランスが崩れてしまい極端に体の一部に負荷が集中してしまいます。それが腰部や体重支持部の仙腸関節、外転筋だったりします。腰部の場合は妊娠後期位から腰への負担が増し、お痛みなどの不快な症状が出る方もおられます。出産後、自然に妊娠前と同じ体型に直ぐ戻るということは考えにくいので、お体のケアをして妊娠前の体型に戻すか、そのままバランスの悪い体型で過ごすかで、今後のお体の状態に大きく影響していきます。外転筋への負荷が継続することにより、外転筋が発達し下半身太りの原因になり、体型が大きく崩れてしまうことも考えられます。後に日常使わなくなった足を閉じる働きの、内転筋が弱くなってしまい、座っていると自然と足が開いてしまっている、ということもございます。内転筋が弱くなるとO脚や膝痛の原因にもなりますのでお気を付けください。